TMクリニック 西新宿 皮フ科・内科

TEL 03-3364-5220
【月・水】 11:00 - 15:00 【木】 12:00 - 14:00 / 16:30 - 19:00 【金】 11:00 - 15:00 / 16:30 - 19:00 ※最終受付は診察終了の30分前までです。

当院について

院長紹介

院長本田 菜摘

初めまして。この度TMクリニックの院長を務めさせていただくことになりました本田と申します。これまで内科、特に生活習慣病をメインに大学病院や総合病院、クリニックなどで勤務して参りました。内科疾患、特に糖尿病患者様の中には足病変を伴う方が多く、以前勤めていた病院では内科医でありながらも皮膚の処置・手術なども行う先生のもとで指導を受けました。そこで、病変が改善することが患者様のQOLをいかに向上できるのかを実感し、皮膚科疾患を学ぶとともに今回岡田前院長のもと、皮膚科診療に携わらせていただくことになりました。

自身も2児の母として、子供のスキンケアにはいつも悩まされています。同じようにお困りな方に、母目線からもお話できたらと思います。

また、忙しくて時間がない方、継続する症状にお困りの方にとって、少しでも安心できる医院を作っていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします!

経歴

もともと学生時代から皮膚科を目指すも、まずは内科的疾患を学ぶため内科メインで勤務
2012年 順天堂大学医学部卒業
2012年 同大学病院 初期研修医 皮膚科も数ヶ月研修
2014年 同大学病院 糖尿病内分泌内科
2015年 日本赤十字社医療センター糖尿病内分泌科
2018年 林脳神経外科メディカルクリニック 人間ドック自費診療部門担当
2020年 TMクリニック 院長

資格

[資格]
日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
ボトックスビスタ認定医

前院長

岡田 里佳

岡田 里佳

[ 経歴 ]
内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。その後大学病院に戻り、急性期・慢性期の皮膚疾患を幅広く経験した。
2008年 名古屋市立大学医学部医学科卒業
2008年 青梅市立総合病院 初期研修医
2010年 横浜栄共済病院皮膚科 後期研修医
2011年 横浜市立大学医学部付属病院皮膚科 後期研修医
2013年 日本赤十字社医療センターアレルギーリウマチ科 スタッフ
2015年 横浜市立大学医学部付属病院皮膚科 助教
2016年 横浜市立大学付属市民総合医療センター皮膚科 助教
2017年 TMクリニック西新宿 院長
2020年5月 ここクリニック皮フ科・アレルギー科 院長

医師紹介

医師-谷田部淳一

谷田部 淳一

[ 経歴 ]
平成11年 福島県立医科大学卒業
同年4月 福島県立医科大学第三内科 研修医
平成14年 米国Virginia大学留学
平成17年 福島県立医科大学第三内科 診療医
平成20年 JA福島厚生連高田厚生病院 内科医長・栄養科長
平成23年 福島県立医科大学薬理学講座 助教
平成25年 福島県立医科大学慢性腎臓病(CKD)病態治療学講座 助教
平成27年 東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科 助教
平成28年 東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科 講師
令和2年 TMクリニック西新宿・高田厚生病院 非常勤医師

顧問紹介

医師-谷田部淳一

市原 淳弘

[ 経歴 ]
昭和61年 慶應義塾大学医学部 卒業
同年4月 慶應義塾大学病院内科 研修医
平成7年 米国Tulane大学医学部 留学
平成9年 米国Tulane大学医学部 講師
平成13年 慶應義塾大学医学部 腎臓内分泌代謝内科 助手
平成19年 慶應義塾大学医学部 抗加齢内分泌学講座 講師
平成21年 慶應義塾大学医学部 抗加齢内分泌学講座 准教授
平成23年4月 東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科 教授・講座主任
現在に至る。

クリニック紹介

外観

クリニック紹介-外観
青梅街道から1本大久保よりの道路に面した交差点付近にあります。

待合室

クリニック紹介-待合室
待ち時間の間に、スマホアプリなどのダウンロードか可能なように、無料でwi-fiを使用できます。

受付

クリニック紹介-受付
専門の医療事務が、対応致します。わからないことがあれば、気軽にお聞きください。

診察室1

クリニック紹介-診察室1
プライバシーに配慮した診察を心がけています。ご家族を一緒に診察できる広さを備えています。

診察室2

クリニック紹介-診察室2
2つ目の診察室です。2診体制の時や、検査が必要な時に使用します。

治療機器の紹介

<エキシマライト(光線治療)>

皮膚のかゆみ、湿疹に有効な治療法です。

<顕微鏡>

顕微鏡

水虫の診断に必須の機器です。皮膚の一部を顕微鏡でみて、確定診断します。

<液体窒素(いぼ治療)>

いぼ治療に使います、スプレータイプと綿棒があります。症状に合わせて使い分けます。