TMクリニック 西新宿 皮フ科・内科

TEL 03-3364-5220
【月・水】 11:00 - 15:00 【木】 12:00 - 14:00 / 16:30 - 19:00 【金】 11:00 - 15:00 / 16:30 - 19:00 ※最終受付は診察終了の30分前までです。

院長コラム

2017.12.28

背中のニキビ(ざ瘡)の原因と正しい対処法について、皮膚科専門医がわかりやすく解説

こんにちは。TMクリニック西新宿院長のおかだりかです。
背中にニキビができたことはありますか。顔に比べて見えにくい部分なので、あまり気にしない人も多いかもしれません。しかし、背中のニキビは顔よりもケアしにくく、範囲も広いため治りにくいこともあります。ここでは、背中にできるニキビの原因や正しい対処方法について、解説していきます。

背中にできるニキビの原因とは

背中にできるニキビの原因を知っていますか。顔にできるニキビとは、何が異なるのでしょうか。顔にできるニキビは、①毛穴が詰まり、②皮脂が貯まり、③細菌(アクネ菌など)が感染して生じます。背中や首にできるニキビも、これと同じステップで生じます。顔は全身の皮膚の中でも、皮脂腺が最も多いため、ニキビができやすいのですが、背中や前胸部も皮脂腺が多くニキビができやすいのです。また、背中は汗をかきやすく、顔と異なりこまめに洗えず、清潔に保ちにくい部位です。よって、細菌感染も起こしすく、ニキビ(特に赤ニキビ)が生じやすい部位と言えるでしょう。また、顔と違い毎日背中の状態を把握するのは難しく、ニキビが出来ていることに気がつくのが遅くなり、処置が遅れることも多く、悪化する要因となります。

専門医が教える背中ニキビの正しい対処法

背中にニキビが出来ていることに気がついた場合、どのように対処すればいいのでしょうか。これまでお話したように、顔と違い背中は毎日チェックすることが難しい部位です。よって、まずはニキビが出来たことに早く気がつくことが大切です。ニキビが出来やすいと自覚している人は、入浴時などにこまめに背中の状態をチェックし、新しいニキビに早く気がつくことが大切です。
対処方法は、基本的には顔のニキビと同じです。毛穴が詰まって皮脂が貯まった状態である「白(黄色)ニキビ」の段階では、毛穴の詰まりをとる塗り薬(ディフェリンゲル、ベピオゲル、エピデュオゲル)を塗ります。細菌(アクネ菌など)が感染した「赤ニキビ」になった場合は、抗菌作用のある塗り薬(アクアチム、ダラシンなど)を塗ったり、抗生物質を飲みます。また、赤く炎症を起こし中央に白い膿が貯まった状態であれば、膿を排出する処置が必要な場合があります。しかし、背中は自分で状態を正確に把握したり、処置をするのは難しく、加えて、背中にできる赤いできものはニキビだけとは限りません。正しい診断や治療のためには、医療機関で診察や治療を受けることをおすすめします。

ニキビ痕やニキビの予防には、ケミカルピーリングも有効です。ケミカルピーリングは顔だけではなく、背中や前胸部にも施行できます。繰り返す背中のニキビに悩んでいる方は、ピーリングを検討してみるのもいいでしょう。背中や前胸部に広範囲にニキビができる場合、ピーリング石鹸で定期的に体を洗うことで、ニキビの予防につながります。

まとめ

背中にできるニキビの原因や対処方法は、顔にできるニキビと同じと考えて良いです。しかし、顔と異なり、背中は自分ではよく見えない部位であり、発見が遅くなることもしばしばあるでしょう。薬を塗るなどのスキンケアも、顔よりやりにくく、ケアしなければいけない範囲も広範囲です。正しい診断や治療のためには、一人で悩まずに皮膚科医に相談してアドバイスを受けましょう。

皮膚科専門医

岡田里佳

2008年名古屋市立大学医学部卒業。 内科を中心に初期研修を行い、その後皮膚科へ進む。大学病院での勤務を経て、皮膚疾患を合併しやすいアレルギー・膠原病診療を経験するため、約3年間内科医として勤務。その後大学病院に戻り、急性期・慢性期の皮膚疾患を幅広く経験した。

資格:日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 日本内科学会認定内科医 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医 日本アレルギー学会認定アレルギー専門医

WEB予約はこちら

カテゴリ: ニキビ

コラム一覧へ戻る