TMクリニック 西新宿 皮フ科・内科

TEL 03-3364-5220
【月・水】 11:00 - 15:00 【木】 12:00 - 14:00 / 16:30 - 19:00 【金】 11:00 - 15:00 / 16:30 - 19:00 ※最終受付は診察終了の30分前までです。

アレルギー疾患

アレルギーの原因を調べる方法

アレルギーであるかどうかの検査は、保険診療で受けることができます。

多くの方が、いろいろなアレルギーで悩まれていますが、その原因もさまざまです。アレルギーの原因を探る検査としては、大きく2つあります。

<アレルギーの検査方法>

①採血
②皮膚テスト

①採血によるアレルギー検査について

当院では、アレルギーのスクリーニング検査として、「view39」と言う血液検査を採用しています。view39は、主要なアレルゲン39種類を同時に測定することができます。数mL程度採血をして、1週間後に結果がでます。

<view39で測定できる項目>

画像です。

採血は診察(初診)と同日に可能です。1週間後を目安に再診いただき、アレルギー専門医である院長が結果について、詳細に説明し、生活や食事指導を行います。必要に応じて、追加の検査を行います。 view39の採血検査は、5000円程度(3割負担)かかります。39項目も検査が不要な場合は、明らかに特定のアレルギー反応が疑われる場合は、特定のアレルゲンに絞った採血をおすすめすることもあります。また、採血だけではアレルゲンを特定できないケースも多くあります。特に、食事系のアレルゲンについては、採血で偽陰性(本当はアレルギーがあるけど、採血結果では陰性と出てしまう)となってしまうことがあります。これまでの患者さんのエピソードから、食物アレルギーが疑わしい場合は、追加の検査を行う必要があります。

その場合は、皮膚テスト(プリックテスト、パッチテスト)や、実際に摂取してもらう試験を行うこともあります。症状に応じて、各種組み合わせて診断、治療を行っていきます。

②皮膚テストについて

皮膚テストには、1)プリックテスト、2)パッチテスト、の2種類があります。

1)プリックテスト

即時型のアレルギーのタイプを調べる検査です。即時型とは、名前の通りすぐにアレルギーが出る反応です。食物アレルギーや花粉症、ハウスダストアレルギーなどが含まれます。特に、食物アレルギーは、採血で偽陰性(本当はアレルギーがあるけど、採血結果では陰性と出てしまう)となってしまうことがあるため、確定診断にはプリックテストを追加する必要があります。

<プリックテストの方法>

疑わしいアレルゲンを持参して頂き、プリック針を用いてほんの一部を皮膚に押し付けます(腕の内側で行うことが多いです)。15分後に、その部位に皮疹(赤みやじんましん)ができてないかを診察します。皮疹(赤みやじんましん)が出たら、陽性と判断します。

ごく少量ではありますが、疑わしいアレルゲンを実際に投与する試験であり、わざとアレルギーを誘発させ、原因を特定するテストです。アナフィラキシーなどの重篤な症状である場合、誘発試験はリスクを伴うことから、施行できない場合があります。また、花粉症やアレルギー性鼻炎などで、抗アレルギー薬を飲んでいる場合は、テストの3日前から休薬する必要があります。

持参していただくアレルゲンだけではなく、特定のエキスを用いて検査する場合もあります。当クリニックでは、プリックテスト用のエキスの取り扱いがないため、より詳しい検査を希望される場合は、大学病院などに紹介させて頂きます。

ある程度のリスクを伴う検査であり、適応は慎重に判断する必要があります。初診と同日には、行うことはできません。必要性を判断し、危険性を理解していただいた上で、行っていきます。保険適応の検査で、費用は1000円程度(3割負担)です。結果はその日にわかります。

2)パッチテスト

遅延型のアレルギーのタイプを調べる検査です。遅延型の反応は、化粧品や染毛剤による「かぶれ」や、金属アレルギーなどの症状で、皮膚には湿疹として現れることが多いです。採血では調べられないため、原因の特定にはパッチテストが必須となります。

<パッチテストの方法>

パッチテストは、アレルゲン(金属、化粧品の添加物など)が染み込んだシートを皮膚(腕か背中)に貼り、その状態で2日間過ごして頂きます。2日後に再度来院頂き、シートを剥がして「かぶれ」が生じていないか診察をします。アレルギー反応は遅れて出現することもあるため、翌日(貼付してから3日後)にも受診して頂く必要があります。

特に金属アレルギーが疑われる場合は、貼付してから1週間後に症状が出る場合もあり、1週間後に再診が必要になる場合もあります。

▷スケジュール例◁

水曜:パッチテストのシートを貼る
⇅ (この期間はシートのアレルゲンが流れないように、汗をかく運動や入浴は禁止)
金曜(2日後):シートを剥がして診察
土曜(3日後):診察
翌週の水曜:診察(金属アレルギーが疑われる場合)

当院では、佐藤製薬のパッチテストのシートを用いています。このシートで検査可能な項目は、以下のものになります。このテストで原因がわからない場合、これらの項目以外のアレルギーが疑われる場合は、大学病院などで詳しい検査が必要になります。

パッチテストやかぶれについては、こちらのコラムも参照してください。

まとめ

当院で施行可能なアレルギー検査をまとめました。

画像です。

舌下免疫療法について

当院では、スギ花粉症の舌下免疫療法を行っています。舌下免疫療法とは、花粉症に対する新しい治療方法で、スギ花粉のエキスを毎日摂取することで、花粉症の根本的な改善を目指す治療法です。数年間、毎日摂取しなければならないため、飲み忘れや受診の中断が問題になります。当クリニックでは、スマホを使用したオンライン診療を導入しており、治療の継続をサポートします。スギ花粉症の舌下免疫療法は、現在2種類の薬があります。シダトレン(液体タイプ)とシダキュア(舌下錠)の2種類ですが、当院ではどちらも取り扱いがあります。しかし、シダキュアの方が治療効果が高いことがわかったため、今後はシダキュアが治療の主体になります。治療費用は、1ヶ月あたり診察代金:約600円、薬剤費:約2200円になります(合計3000円程度)。

症状がない時期でも、服用を続ける必要がありますので、根気が必要です。治療を開始したところ、花粉症の時期がとても楽に過ごせたと実感されている患者さんも多くいますので、花粉症の症状が辛い方は検討されると良いかと思います。

シダキュアは新薬であったため、2019年4月までは、1回の受診で2週間までしか処方できませんでした。しかし、2019年5月以降は長期の処方が可能になりましたので、治療が受けやすい状況になりました。しかし、治療開始前にはいくつかの気をつけることがありますので、ご注意ください。

舌下免疫療法を受ける際、気をつけること!

1)スギ花粉症の確定診断

当たり前に思われるかもしれませんが、スギ花粉症の確定診断が必要です。春に目が痒くなる、鼻がつまるといった症状があるからといって、スギ花粉症とは確定できません。この治療が、薬を数年間飲み続けなければいけないため、治療開始前にはしっかりとした確定診断が必須になります。

上記で説明した採血か、皮膚テスト(プリックテスト)で確定診断をします。他院で採血などを施行して、スギ花粉症と診断されたことがある場合は、その結果を持参して頂けたら検査が省略できる場合があります。

2)治療の開始時期

花粉が飛んでいる時期には、治療を開始できません。スギ花粉が飛んでいる時期を除くと、6月〜12月の間でしか治療を開始できません。

以上の注意点をご理解頂き、持続的にしっかり通院をして治療をしようという気持ちがある方、つらい花粉症状でお悩みの方は、ぜひご相談ください。